2010年の紀州梅苑日記

蜘蛛の孵化。(22.7.11)

蜘蛛の孵化

梅の収穫が終了いたしました。1か月にわたり、忙殺されておりましたため、事務所のそうじが全然できていませんでした。ようやく、窓ふきを始めようとしたら、なんと、入口ドアの真横の窓の下に、おかあさんぐもが・・・・白い大きな袋をユッサユッサと・・窓を拭きながら嫁は「お願いやからここで生まないでね。向こうへ行ってね。」と話かけながら掃除を終えて、お昼過ぎに見たら、孵化しておりました。ビックリしました。蜘蛛の子を散らすとよく言われますが、次から次へと飛び出していきました。

写真をとって、夜、又見にくると、おかあさんぐもはヘトヘトの体をヨタヨタさせながら移動しておりました。

どのいきものにとっても、出産って大変だなあ・・とつくづく感じた嫁でした。赤ちゃんくもさん、大きくなっても戻ってこないでね。

2020年の紀州梅苑日記

2019年の紀州梅苑日記

2018年の紀州梅苑日記

2017年の紀州梅苑日記

2016年の紀州梅苑日記

2015年の紀州梅苑日記

2014年の紀州梅苑日記

2013年の紀州梅苑日記

2012年の紀州梅苑日記

2011年の紀州梅苑日記

2010年の紀州梅苑日記

ページトップへ